読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LO-Blog

備忘録。物理系とか趣味とか, 日々学んだこと, 考えたことを残していきたい。

備忘録2(モノポール)

磁石のS・Nは, 磁石を切り離しても分離できない。

磁気の最小単位は電子, 陽子などの素粒子が持つ磁気量である。

たとえば電子を考える。電子は自転しており, 全て同じ回転数で回転している(スピン)。

電気を持った電子が回転することで, 電気も回転し, 電気が動くことで電流が流れる。これにより電子は電磁石と化す。

 

電気は最小の電気を持った粒がもともと別々になっているので分離できる。

が, 磁気は, 最小の粒がもともとS・Nの性質を持つので分離のしようがない。

これは電気と磁気の大きな違いである。

 

しかしパウリという有名な物理学者はこのSとNは分離できるという理論を展開した。(理論だけで実験的には発見できていない)

そしてこれはS・Nが単独に存在するという意味でモノポールといわれる。

またなぜ実験的に発見できないかも分かっていて,

分離するには強いエネルギーが必要である。宇宙のどこかでこの現象が起こったとしても, 不安定ですぐに相互作用を起こして壊れてしまう。

 

モノポールが存在するとして, 簡単にコントロールできるようになると, 電磁気力と重力をある程度結びつけることが可能になる(統一理論)。

モノポールがあると重力がコントロールできる可能性がある。重力をコントロールできると, アインシュタインの理論より, 時間をコントロールできる可能性がある。

このことからモノポールが存在し, コントロールできるようになることでタイムトラベルが実現できる可能性がある。

 

------------

 

以上内容でした。

俺もタイムトラベラーになりたいなぁ...(遠い目)